エルメスはArceau Lift陀はずみ車の3に腕時計を聞くように出します

 2013年、エルメスはブランドの第一モデルの陀はずみ車の腕時計Arceau Liftを発表します。この腕時計の互いに入り組む両“H”の型陀はずみ車の骨組みはとりわけ人目を引いて、その霊感がエルメスのパリの聖奥諾雷の街に源を発して24号(日)本店のエレベーターの扉が飾って、そのためこの腕時計も名声を得ます。7年後に、Arceau Lift腕時計はアップグレードすることを得て、陀はずみ車の基礎の上で3溶け込んで時間を知らせる機能を聞いて、そしてバラの金とプラチナの2種類のデザインを提供してエルメススーパーコピー、それぞれ制限して1つ発行します。

全く新しい腕時計はエルメスの特色設計を採用して、非対称リストの殻と透かし彫りの時計の文字盤を配備します。白色の漆面の時計の文字盤はブランドのシンボル的な馬の頭の図案を彫刻しだして、3掲示して構造の精妙な運行を聞きます。はだける機械的な構造と優雅なブレゲの数字は形成は対比して、また巧みにとけ合って、精致に容易なことを失わないで読みます。

新作の腕時計はジュネーブの複雑なチップ専門家Manufacture Haute Complications(MHC)の生産するH1924手動の上弦のチップから搭載して、このチップは奮い立ってしきりに21,600回/時間(3ヘルツ)、頃、陀はずみ車に解け合って3と時間を知らせる機能を聞いて、そして動力に90時間続いて貯蓄を提供することができます。機械の構築はやはり(それとも)表面は、H1924チップを潤色してすべてとても高い品質があるのにも関わらず。ぜんまいの箱の上方の添え板の造型まるで2匹そしてくつわと手綱の駿馬、時計の文字盤の透かし彫りの図案と遠くから相呼応します。

陀はずみ車は6時に位置を設けて、両“H”の型の骨組みは黒色の光沢加工と面取り処理を経ます。チップの添え板は濃い色のロジウムメッキを採用してと垂直に針金をつくって潤色して、その外、添え板へりはおよび3音に金槌もすべて黒色の光沢加工と面取り処理を経るのを聞きます。

エルメスArceau Lift陀はずみ車の3は腕時計を聞きます

直径:43ミリメートル
材質:バラの金あるいはプラチナ
水を防ぎます:30メートル

チップ:H1924
機能:時間、分、陀はずみ車、3は聞きます
上弦:手動
しきりに奮い立ちます:21,600回/時間(3ヘルツ)
動力は貯蓄します:90時間

鎖は持ちます:ワニの皮バンド

制限します:バラの金のモデルとプラチナのモデル各1枚
売価:バラの金の269,000のドル、プラチナの282,000のドル

トラックバックURL

https://www.gooingkopi.com/trackback/142